THE BOY FROM OZ マチネ観劇

今日はお友達と観劇。

今日も泣いてきました

今日観て思ったこと。
やっぱり、遅れて来た人の客いじりあったんですね。
初日みたいに流してくれればいいのになぁ・・・。
今日いじったお客さんは、韓国から来た人でした。
ピーターすごく感激していたなぁ。
再演の時にも韓国から来た人をいじっていたけど
こんなに感激していませんでしたよね?
その人に、ピーターがプロデューサーとした事をするか聞いていたけど
日本語が分かる人でよかったよね。でなきゃ話が進まないしね。
でも、わざわざ日本まで舞台を観に来るっていうことは
日本語勉強しているよね。そんな心配しなくても大丈夫か

2部のバーの客上げのシーン。
会場に「踊りたい人」と声をかけると、2階席からおかまちゃんの声。
その人、初演・再演にも来ていたような気がします。
ピーターに惚れてるね

2階にはピン(スポット)を当てないからダメ。ということで
目の前の男性に声をかけたのですが全然動かなくて、
途中から一人が嫌なら妹さんもご一緒にと言ったんだけど全然ダメ。
5分以上は説得してたかな?
会場から、「頑張れ!」って応援受けながら説得してたんだけどね。
ピーターも会場もイライラが最高潮になった時、ピーターが
「みんな、ここまでスパッと一旦全部忘れて。あのさ、俺V6よ。
V6と一緒に腰回せることなんてめったにないんだからさぁ!!」と
(うろ覚えですがこんな感じな事を言っていたと思います。)
半分切れ気味に言ったらやっと妹さんが腰を上げて、男性と一緒に壇上へ。
ステージに戻る時に客席の方向を向いて、小さい声で
「ったく、手こずらせんなよ。(口に手を当てて)シー、内緒ね」
って、言ったのがかわいかったです

OZ観に来てるんだからさ、楽しもうよ。
空気読もうよ。恥ずかしがってる方がおかしいんだからさ・・・。

周りを男性に囲まれ、ピンスポットを当てられ生着替えの時には、
恥ずかしかったのか「オペラグラスで見ないでね。」と言ってました

カーテンコールは、2回。
さいごは、ピーターの「ありがとうございました。」の挨拶で終了しました。

終演後はお友達と原宿で、お茶して帰宅。
短い時間でしたが、お話できて楽しかったです♪


帰宅後は、准くんが出てたドラマ「ディア・フレンド」を見ました。
ドラマが放送された9年前も、いいドラマだなぁと思いましたが
今回もいいドラマだと思いました。
いいドラマはいつ見てもいいんですね。心が温かくなりました。

さて、東京でピーターに会えるのは今日が最後。
次に会えるのは大阪の楽だから、2週間後か。
その間に別の観劇が2公演あるから、
あっという間に楽の観劇日が来るんだろうなぁ・・・。

ピーターに会えるのを糧に、火曜日から仕事頑張ろう。

この記事へのコメント